セコガニ 漁の解禁 2018はいつから

冬のごく一定の期間だけ漁が許されている美味しい、安いで人気の
セコガニの解禁 2018はいつから、いつまでなのでしょうか?

セコガニは越前ガニとも呼ばれるズワイガニのメスで
卵を持っていることから親ガニとも呼ばれています。

セコガニの美味しさは
その卵にあります。

卵は内子と呼ばれるものと外子と呼ばれるものがあって
内子はまだ卵になりきれていない未成熟卵
外子はもうすぐ孵化する成熟卵のことです。

セコガニ通販のオススメはこちら>>>量もあって超安い訳ありも

内子も外子も、食感や味が違いますが
これもセコガニを食する楽しみとなっています。

セコガニ 解禁は2018はいつから

資源保護の観点から
セコガニの漁は時期が決まっていて
一定の期間しか捕る事ができません。

鳥取県、島根県、兵庫県、京都府 福井県 石川県
などで冬の間だけ漁が解禁になります。

毎年、11月の6日が漁の解禁となっています。

もちろん、2018年も11月6日から漁が解禁されます。

2017年の解禁日は月曜日となっています。

セコガニの漁は解禁日の2018年11月6日から
翌年の2019年1月10日まで
約2ヶ月くらいしか漁ができません。

なので、鳥取県、島根県、兵庫県、京都府 福井県 石川県
の漁港ではこの時期になるとセコガニが大量に水揚げされて市場に
ならびます。

宅急便の発達で
朝、水揚げされたセコガニが東京や関西の食卓に
その日のうちに並ぶことが可能となりました。

セコガニは
カニ味噌や内子・外子の美味しさ
そして、その値段の安さから非常に人気のある蟹です。

セコガニ通販のオススメはこちら>>>量もあって超安い訳ありも

2018年も11月6日の解禁日が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です