セコガニの食べ方 カニ味噌,内子,外子を中心として味わう

セコガニの食べ方について、

雄の蟹に比べると小ぶりなズワイガニの雌のセコガニですが
やはり、セコガニの食べ方について楽しみはやはり、たっぷり詰まったカニ味噌
そして、熟成されたチーズのような食感の内子、そして孵化直前の卵である外子を味わうことです。

  • カニ味噌
  • 内子
  • 外子

 

それでは、それぞれの美味しい食べ方を
紹介してみます。

セコガニの食べ方 カニ味噌

まず、カニ味噌ですが
セコガニはその大きさの割には
カニ味噌がたっぷりと詰まっています。

カニ味噌目当てならば生のセコガニを購入して
自分で茹でるのがおすすめです。

そして、甲羅の上でカニ味噌と内子を混ぜ合わせて
食べるのは至高の喜びです。

まずは、なんと言ってもそのカニ味噌の
美味さですね。

セコガニの食べ方 卵 内子

そして、セコガニ(親がに)の最も特徴的な部分が
卵を持っている蟹だということです。

セコガニはズワイガニのメスで
内子と呼ばれる未成熟の卵を殻の中に

そして、外子とよばれる
産卵直前の成熟した卵を殻の外に持っています。

内子は未だ卵になっていない未成熟のな卵で
オレンジ色をしています。

熟成されたチーズに似た食感があり
そのまま食べても最高に美味しい珍味です。

カニ味噌と和えて食べるのも酒の肴としておすすめです。

セコガニの食べ方 卵 外子

外子とは産卵直前の成熟した卵で色は黒い色をしています。
プチプチの食感がありそのまま食べてもOKですが
美味しいおすすめの食べ方があります。

外子のしょうゆ漬け

軽く塩もみをして外子を洗う
酒・しょうゆ・みりん(1:1:1)に浸して一晩漬け込みます。

酒の肴として
外子のしょうゆ漬けもオススメです。

この、外子のしょうゆ漬けを、ご飯に乗せて食べるのも格別ですよ。

外子は卵に筋がついているので食べるとき注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です